コーヒーの知識

【意外と知らない】コーヒー豆の保存方法って知ってる?

投稿日:

コーヒー豆を購入したけれど、どのように保存すれば良いか分からないという方もいるのではないでしょうか。

コーヒー豆は保存方法を間違うと、味に影響してくるので注意が必要です。正しい保存方法や保管場所を知っておくことがコーヒーをおいしく飲むことにつながります。

 

コーヒー豆保存の際の注意点【酸素に触れないようにする】

コーヒー豆は酸素に触れると酸化してしまいます。酸化は風味が落ちたり苦味を感じたりする原因になるのです。

コーヒーが外気に触れないよう、保存容器に入れる際は直接ではなく袋のままにしておくのがおすすめです。

また、袋の口はゴムやテープでしっかりとめておきましょう。どうしても酸化は進んでくるので、開封後は早めに飲みきるのがおすすめです。

 

コーヒー豆保存の際の注意点【直射日光を避ける】

コーヒー豆は直射日光が当たると劣化してしまいます。電灯による劣化も生じやすいので、遮光性のある容器に保存するようにしましょう。

 

コーヒー豆保存の際の注意点【高温を避ける】

高温になると、コーヒー豆が酸化して傷んでしまいます。夏場は特に保存環境に注意する必要があるでしょう。

15℃以下で保存するのが望ましいとされています。密閉容器に入れて冷蔵庫に入れておくのもおすすめです。その際、コーヒー豆には臭いがつきやすいので、きちんと密閉しておきましょう。

また、冷凍保存も可能ですが、小分けにしておくと、使いやすいです。何度も取り出すことによるコーヒー豆の劣化を防ぐことにもつながります。冷凍する際は水滴がつかないように注意しましょう。

 

コーヒー豆保存の際の注意点【湿気を防ぐ】

コーヒー豆は水分に触れると風味が落ちてしまいます。カビが発生することもあります。

湿度が高い場所では保管しないようにしましょう。梅雨時期や夏場など、湿度が高くなる時期は常温では保存せず、冷蔵庫や冷凍庫をうまく使うことが大切です。

 

コーヒー豆を適切に保存して品質を保とう

コーヒー豆は、酸素、紫外線、高温、多湿に弱いです。これらの要素からコーヒー豆を守ることが、おいしさのキープにつながります。遮光性のある密閉容器に保存して、高温、多湿を防ぐようにしましょう。特にコーヒー豆をまとめ買いしている場合は、保存方法を見直す必要があります。

コーヒー豆の保存方法には限界があるので、開封後は早めに使いきるという意識も大切です。コーヒー豆は、開封後は30日以内には使いきるのが望ましいとされています。

 

-コーヒーの知識

Copyright© コーヒー愛好家のおすすめ紹介サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.